定山渓温泉第一寶亭留翠山亭*チームフクナガでっかいどう旅3日目②。

さて3日目午後は、札幌都心から2時半発の宿の無料送迎バスで
定山渓温泉の第一寶亭留翠山亭へ。

まだまだ早いと思ってた紅葉も、今年は1週間ほど早く始まったようで
もみじやカエデが色づき出していました。
IMG_5187_H.jpg
定山渓は、札幌の奥座敷として発達した、
コンパクトだけど自然も温泉も楽しめる心地よい温泉地なのです。

車で50分と近いので、無料送迎やバスも多く
車無しの札幌始発の北海道旅には便利♡

続きを読む

北竜町、日本一のひまわり畑&道の駅巡り。

さて翌日は、北竜町の日本一のひまわり畑へ。
日本一とは聞いてたけど、道路からその全貌見えた時にその広大さに驚くわ。
IMG_3736_H.jpg
どこまでもどこまでもひまわり畑!
観光客も多いけど、圧倒的多数のひまわりに皆埋もれてしまうから
存分にひまわりを満喫できます。

続きを読む

増毛さくらんぼ旅。

シャチョ熱愛のさくらんぼ、南陽を求めて
札幌から車で2時間半北上、増毛へ旅してきました。
IMG_3593_H.jpg
札幌近郊の2大さくらんぼ産地は、西方の余市&仁木と、北方の増毛。
7月上旬、余市仁木から始まるさくらんぼの旬は
7月後半には、増毛に産地を移し、8月上旬に終わるのです。

ただ余市仁木は観光地化しており、昨年は南陽最盛期狙って果樹園訪れるも
多数の観光バスが乗りつけて、あらかた食い尽くされてがっくり


なので、今年はまだ観光地化されてない
増毛のさくらんぼを狙うと早々から計画立てておりまして。

続きを読む

積丹仁木日帰り旅②さくらんぼまみれ!

積丹でウニ丼の後は、甘党シャチョは目を輝かせ、
さくらんぼ南陽求めて、仁木町へ。
IMG_3042_F.jpg
(右・南陽。左・紅秀峰)
まだ移住前、旅行中にペットボトルのフタほど大粒の南陽食べて驚いたのです。
桃みたいに緻密な果肉で甘くジューシィ、食べ応え抜群♡
東京で持て囃されてる佐藤錦って何だったの?と思ったくらい。

続きを読む

積丹仁木日帰り旅①積丹ウニ丼。

今年も行ってきました。
積丹のウニ漁解禁6~8月の間に、一度は行きたいウニ丼ツアー♡

有名な「みさき」に11時過ぎに着いたけど
一日15食限定のバフンウニ(赤ウニ)丼4,950円は売切れで、
キタムラサキウニ(白ウニ)の生ウニ丼2,600円。

臭みとかクセとか何のこと?ただただ甘くてとろける~♪
去年食べた最高級品、バフンウニ丼は、もう少しコクのあるこっくりとした甘さ。
でも、これだけたっぷり食べるなら、白ウニで十分♡

続きを読む

定山渓日帰り旅②J glaceeでソフト。小金湯温泉まつの湯。カラバトカリー。

バーチテラスの足湯でホッカホカになってしまったので冷ましに、
カフェ「J glacee」で、ソフト♪
IMG_2446_F.jpg
シャチョのソフトクリーム、桃グラッセ添え。
カルピジャーニ特有のホイップクリームみたいな、極上のきめ細かさ♡
ここのはもったり重量感のある重めで、お味は甘い粉乳の香りもする練乳系、おいしー!

続きを読む

定山渓日帰り旅①八剣山さくらんぼ狩り下見。バーチテラスの足湯。

先週土曜日、日帰りで定山渓方面へ。
北海道移住してから、さくらんぼ「南陽」に目覚め、
すっかり南陽フリークになってしまった
シャチョのさくらんぼ狩り「下見」です。
IMG_2411_F.jpg
今年は6月の日照不足のせいで、早かった去年に比べやや遅れ、
去年は7月三連休明けには、余市のさくらんぼ狩りの南陽は食べつくされてたのです)
まだ佐藤錦も始まったばかりで粒も小さめ。
さくらんぼ狩りはせずに、佐藤錦を1パック購入です。

続きを読む

続きを読む

親友と、雪の豊平峡&定山渓温泉はしご。

北海道へライブツアー来た親友Tちゃんの
貴重なOFF日をお預かりして、定山渓へ温泉はしご1泊旅へ。
IMG_6578_E.jpg
紅葉終わって景色は寂しいかな、なんて思ってたら、期せず雪見温泉になりました!
それも宿泊日は雨で溶けだしてたのに、翌朝は一面の雪景色で驚嘆!!
11月上旬に札幌20センチ超えの積雪は21年ぶりとか。

続きを読む

続きを読む

プロフィール

じゅん。

Author:じゅん。
2015年4月東京は四谷から、北海道は札幌に夫婦で移住。

エゾリスやシマリスや野鳥、北海道の四季を撮影しながら、自家製天然酵母パンを、道産食材で手ごねで焼いてます。

北海道あるある!にニヤリとしちゃう新鮮な毎日を記録中。ある意味海外だわー。




ポチっとして頂けると、
もっと北海道が好きになりますっ

にほんブログ村 料理ブログ パン作りへ



パンだらけのinstagramはこちら♡

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

送信の際は、お手数ですがコメント欄にメール送信の旨一言頂けると幸いです。