風呂のミステリーと北海道仕様。

風呂の残り湯を洗濯に使おうと残しておいたのが
翌朝やけに温かい。人肌近い温度。

新しい湯沸し器なので、保温時間が余計に長く設定されてるのかと
説明書と首っぴき。でも設定はごくフツー。

ふと、浴槽のスカートを外してみて驚いた!

なんと魚箱みたいな発砲スチロールで
浴槽がすっぽり覆われてた!

なるほど~~!!こりゃ保温性高いわけだ。雪国の知恵に感心。

てか、これ東京でも導入すべきだよ。
東京で冬、1時間くらい長風呂するとぬるくなっちゃって追い炊きしてたもん。
発砲スチロールで覆うだけで、断然エコ、経済的じゃん。

あ、でも東京ガスが儲からなくなるからやらないか。
四谷のマンションにも導入したい~~~
関連記事

コメント

非公開コメント

プロフィール

じゅん。

Author:じゅん。
2015年4月東京は四谷から、北海道は札幌に夫婦で移住。

エゾリスやシマリスや野鳥、北海道の四季を撮影しながら、自家製天然酵母パンを、道産食材で手ごねで焼いてます。

北海道あるある!にニヤリとしちゃう新鮮な毎日を記録中。ある意味海外だわー。




ポチっとして頂けると、
もっと北海道が好きになりますっ

にほんブログ村 料理ブログ パン作りへ



パンだらけのinstagramはこちら♡

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

送信の際は、お手数ですがコメント欄にメール送信の旨一言頂けると幸いです。