生。なま。ナマ。

東京には無いけど、こっちでよく見かけるマルちゃん袋ラーメン「屋台十八番」の「なま味」
北海道東北限定販売らしい。
何故か、マルちゃん正麺とか、ラ王袋麺とかよりも若干高かったりする。
DSC_2719_A.jpg
しょうゆ、と書いてあるけど、その前にまず「なま味」ってどんな味だー!
その上、屋台十八番「しょうゆ味」てのが別のパッケージ売ってる。謎。
北海道弁では、にぎり寿司のことを「生寿司(なまずし)」と呼びます。
関東育ちとしては、なんとなく違和感のある言葉よね。

酢でしめたり、漬けにしたりと下拵えする江戸前に対して、
生のネタを乗せるだけ、だから生寿司だそう。

ちなみに「蒸し海老」は江戸前なので、基本的になじみがない。
「蒸し海老」注文したシャチョは、隣のどさんこ奥様にあからさまに奇異な目で見られてた…
生で美味しい海老に何故?って、マグロ茹でるくらいの違和感あるらしい。

CMしてる札幌チェーン居酒屋のイチオシめにゅーは
生つくね」…腹壊しそうじゃない?これも冷凍じゃないてことかな?
14576842820.jpeg
生寿司、生牡蠣、生ウニ、生ホッキ、生ラム、生いくら、生ワイン、生ひやむぎ、生そうめん
生チョコ、生キャラメル、生どらやき、生ケーキ、生クッキー…
北海道には生で美味しいものが山ほどあるから、どさんこは「生」が付くものがだーい好き!

確かに、魚も肉も「生」「活」と「冷凍」では、味に雲泥の差があると実感したわ。
これほど「生」で美味い素材があるのに、「解凍」もん食べる気にならない。
東京じゃ、刺身用ホタテも甘海老もイクラも毛ガニもズワイも、大概解凍もんだものね。

もちろん東京にも「生」もあって、「解凍」もんもあったけど
東京での味の差を、5段階評価の「生=5」と「解凍=3」だとしたら、
北海道は「生」の鮮度が抜群過ぎて、「生=10」と「解凍=3」くらいの落差があるのだ。

北海道旅行の観光海鮮屋が、高いから特別美味しいんじゃなくて
日常生活、スーパーの食材の平均値からして全く違うのです。

で、屋台十八番「なま味」買ってみたら、
スープが粉末じゃなくて液体で、調味油もついてて、ちょっとリッチ!
麺もノンフライで生麺ぽくてツルツル、昔懐かしい醤油で美味しかった。
なまら生!がいいんでないかい~

コメント

非公開コメント

プロフィール

じゅん。

Author:じゅん。
2015年4月東京は四谷から、北海道は札幌に夫婦で移住。

エゾリスやシマリスや野鳥、北海道の四季を撮影しながら、自家製天然酵母パンを、道産食材で手ごねで焼いてます。

北海道あるある!にニヤリとしちゃう新鮮な毎日を記録中。ある意味海外だわー。


パンだらけのinstagramはこちら♡

検索フォーム

にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログへ

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ

にほんブログ村 料理ブログ パン作りへ

ブロとも申請フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

送信の際は、お手数ですがコメント欄にメール送信の旨一言頂けると幸いです。