リモンチェッロ+レモン酒のいいとこ取り、レモンウォッカ。

昔、96度のウォッカ、スピリタスにレモンの表皮漬けて、
イタリアのリモンチェッロは作ったのです。
びっくりするほどレモンの香り高いし、激甘で飲み口はいいけど
アルコールきついのをキュっとやるお酒の飲み方が合わなくて一度きり。

レモンの香りの成分、リモネンは表皮に多いので
揚げ物に添えられた櫛形レモンも、皮を下にして絞ると香りがいいんだよね。

ただよくある果実酒の「レモン酒」のように皮ごと漬けると、香りより苦味が立ってしまうので
チェッロのレモン表皮の香りの抽出の仕方を生かしつつ、
レモン酒のように、レモンの果汁も丸ごと生かして、
食事にも合わせられるような絶品のレモンウォッカを作りたい!
14532059560.jpeg
で、「リモンチェッロ+レモン酒のいいとこ取り、レモンウォッカ」考えたので覚書。

材料(2リットルの広口瓶1本)
無農薬レモン 4個(次回+2、3個で)
スピリタス(96度ウォッカ)500ml 1本
水 1リットル
氷砂糖 300g
DSC_4480_A.jpg
①無農薬レモンは洗い、白い部分をつけないように、黄色い表皮だけを薄くピーラーでむく。
 レモンの実はそのままジップ袋などに入れて冷蔵しておく。
DSC_4482_A.jpg
②広口瓶にスピリタスと皮を入れて、フタをして1週間~10日置く。※引火するので火気厳禁。
DSC_4484_A.jpg
③(1週間後)白っぽく色が抜けた皮は取り出す。
14532035170.jpeg
 水(煮沸して冷ますか、ミネラルウォーター)を1リットル加えると、乳白色がかったレモン色になる。
14532035660.jpeg
④レモンの実は白い部分をむいて、1センチの輪切りにして、種を取って、③に入れる。
14532035780.jpeg
⑤氷砂糖を入れて、1か月置く。1か月経ったらレモンの実はザルでこして、果汁も絞り切って取り出す。
14532035880.jpeg
レモン表皮の香りと果汁丸ごと、リモネン&ビタミンCたっぷりのレモンウォッカです。
出来上がりもアルコール度数30度近くあるので、ソーダや水割りでどうぞ。

⑥最後に取り出したレモンの搾りカスから、薄皮のぞいて、
同量以上の砂糖と煮詰めてレモンジャムにした~ エコ!
14555349120.jpeg

コメント

非公開コメント

プロフィール

じゅん。

Author:じゅん。
2015年4月東京は四谷から、北海道は札幌に夫婦で移住。

エゾリスやシマリスや野鳥、北海道の四季を撮影しながら、自家製天然酵母パンを、道産食材で手ごねで焼いてます。

北海道あるある!にニヤリとしちゃう新鮮な毎日を記録中。ある意味海外だわー。




ポチっとして頂けると、
もっと北海道が好きになりますっ


にほんブログ村 料理ブログ パン作りへ


パンだらけのinstagramはこちら♡

検索フォーム

にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログへ

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ

にほんブログ村 料理ブログ パン作りへ

ブロとも申請フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

送信の際は、お手数ですがコメント欄にメール送信の旨一言頂けると幸いです。