4-23。

中央市場場外のさっぽろ朝市ついでに、青果館で野菜果物を物色。
まだまだ道産野菜の春物は殆ど無く
たぶんハウスの行者ニンニク(アイヌねぎ、キトピロ、ヒトピロとも)くらいかな。

果物好きのシャチョが道産りんごを探して発見したのが、この余市産「4-23」
14581861750.jpeg
覚えづらい変な名前!
聞いたら、40年前に品種改良された時の識別番号のままなんだって。
開発されたものの、芯の空洞やヘタ割れの率が高く、市場に出せない品種だったと。

でも味は、りんご好きでもない私が驚いた素晴らしい独特の芳香!
身も皮も固くしまって、酸味が無く、甘い。
皮のままバリンとかじると、プラムに似た芳醇な香りがして、うっとり。

深紅の皮の内側、身にも赤い血管のような模様が入って
「血管りんご」とも呼ばれるそう、その様子も桃に似てる。
14585191680.jpeg
やはり芯やヘタの周りは傷んでるように見えるけど
味に惚れた農家が、細々と作り続けていて、コアなファンもいるのだと。

大手流通に乗る品種は、規格に合うものが大量生産できるもの。
産地でしか味わえない味って、鮮度もあるけど、色んな理由もあるのだなあ。

1箱1万円!なんて珍重されるさくらんぼの「佐藤錦」は、
粒が揃って日持ちがするから、流通に乗る。
ウチの大のお気に入りの「南陽」は日持ちがしないから、内地には流通しない。
日持ちのするもの、しないもの、ケーキ屋でもどっちが美味しいかは明白。
さくらんぼ狩りするどさんこで「やっぱ佐藤錦だべさ!」なんて聞いたことないもの。

流通に乗らない、乗せられない、北海道でしか味わえない、なまら生!に夢中です~

14581861860.jpeg
2キロ280円の玉ねぎ(11玉)
その後10キロ500円の看板見て、むむ!と思うけど、貯蔵場所に困るなあ。

こちらはスーパーにて。
DSC_4663_A.jpg
よく見る数個入り袋詰めは、大体500gだから、50円くらいだね。安っ

コメント

非公開コメント

プロフィール

じゅん。

Author:じゅん。
2015年4月東京は四谷から、北海道は札幌に夫婦で移住。

エゾリスやシマリスや野鳥、北海道の四季を撮影しながら、自家製天然酵母パンを、道産食材で手ごねで焼いてます。

北海道あるある!にニヤリとしちゃう新鮮な毎日を記録中。ある意味海外だわー。


パンだらけのinstagramはこちら♡

検索フォーム

にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログへ

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ

にほんブログ村 料理ブログ パン作りへ

ブロとも申請フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

送信の際は、お手数ですがコメント欄にメール送信の旨一言頂けると幸いです。