釧路中標津十勝の旅③湯宿だいいち。

さて小雨の中、思い出の地、中標津方面へ。
6年前の10月10日、婚姻届を提出した中標津町役場を確認しつつ、
記念日の度に宿泊してる大好きな「湯宿だいいち」さんへ。
IMG_0456_R.jpg
この子は、天然記念物のシマフクロウ!
だいいちのロビーの川辺に、姿を現してくれるのです。

IMG_0650_R.jpg
さすが道東、色づき始めた紅葉に包まれた湯宿だいいちに到着。
IMG_0638_R.jpg
だいいちのエントランス。フクロウマークに戻ってきたよ~!と。
IMG_0345_R.jpg
民芸調なインテリア、大きな囲炉裏を囲むこのロビーに通されるとああ戻ってきたなあと落ち着くのです。
左手の大きな窓に、シマフクロウの現れる中標津川のせせらぎが。
DSC_3399_R.jpg
そしていつものお部屋へ。
囲炉裏の傍で中標津川と山と眺められるのが大のお気に入り。
でも、途中から一酸化炭素中毒防止のために、炭炊けなくなったのが本当に残念。
シャチョが暖炉や囲炉裏の火、大好きなのです。
DSC_3447_R.jpg
2階のロフトまでの吹き抜けを挟んで、和室があります。
IMG_0539_R.jpg
2階ロフトにはベッドが。いつも下に布団で使わないんだけども。
IMG_0368_R.jpg

そして窓から望む川の景色!
IMG_0401_R.jpg
何よりのご褒美、贅沢です。
IMG_0395_R.jpg
この日は紅葉色づき始めだったのだけど、
2泊する内にますます色鮮やかに変わっていく様子が楽しめました。

で、もっともっと贅沢なのが、お部屋についてる総木造りの半露天風呂。
IMG_0624_R.jpg
川のせせらぎを聞きながら、天然温泉を独占、朝な夕なにつかるのです。
IMG_0494_R.jpg
フクロウがロビーに現れると、お部屋まで電話をくれます。
気遣いとおもてなしのあったかい宿で、毎回この電話にもほっこりします。
そして宿の方とみんなで、いけすのヤマメを食べる様子を見守るのです。
IMG_0589_R.jpg
夕食はお部屋食。海の幸山の幸が並びます。
今回は、前日と続いてキンキ揚げのあんかけが。
自分で解体して、骨や頭をキレイに平らげたら、若い新人の料理人さんに
「ここまでキレイに食べるのはスゴイですね~」と感心されたのでした。

釧路の居酒屋と連日2人に、キンキの食べ方を褒められるっていう(笑)
アタクシどんだけ食い意地張ってるのかしら。
DSC_3445_R.jpg
お気に入りの、露天風呂についたフクロウの照明。欲しいなあ。
関連記事

コメント

非公開コメント

プロフィール

じゅん。

Author:じゅん。
2015年4月東京は四谷から、北海道は札幌に夫婦で移住。

エゾリスやシマリスや野鳥、北海道の四季を撮影しながら、自家製天然酵母パンを、道産食材で手ごねで焼いてます。

北海道あるある!にニヤリとしちゃう新鮮な毎日を記録中。ある意味海外だわー。




ポチっとして頂けると、
もっと北海道が好きになりますっ

にほんブログ村 料理ブログ パン作りへ



パンだらけのinstagramはこちら♡

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

送信の際は、お手数ですがコメント欄にメール送信の旨一言頂けると幸いです。