FC2ブログ

妄想レシピ(改訂版)あり*びえいのコーンぱん(とかち野酵母)

妄想レシピシリーズ第7弾、リターンズ笑。
昨年夏に出遅れたレシピを下記に改定再掲載です♡
COOKPADにも公開中→Cpicon 水と砂糖不使用*びえいのコーンパン。 by じゅーん*
去年の記事6個分→8個分に改定)

北海道のとうきびは、7月後半からハウス物がちらほら
8月からが本番です♡
IMG_8953 (2)_H
*びえいのコーンぱん(とかち野酵母/水砂糖不使用、加水はとうきび250%と生クリームのみ)
*Hokkaido ultimate corn buns
(copied "BIEI-NO-CORN-PAN"on sale only in New Chitose Airport,No water,No sugar,with only Hokkaido corns' paste and fresh cream,250%corns!!! )

新千歳空港限定、行列売切れ必至の「びえいのコーンパン」

美瑛選果とVironとのコラボ商品で、水と砂糖不使用、
北海道産コーンの水分と甘さだけで焼き上げた贅沢なパンです。

※ホンモノのびえいのコーンぱん記事はこちら
Vironシェフによると、とうきびは小麦粉の250%入ってるそう。
ペーストにして生地に混ぜた分、粒で混ぜた分、包んだ分合わせて
マフィン型8個で、とうきび約2本使用です。

箱裏の原材料名は「とうもろこし、小麦粉、生クリーム、卵、バター、パン酵母、食塩」
重量順なので、その通りにレシピ組み立て。

自家製酵母使うと、水使用になっちゃうので
ドライとかちの酵母(又はドライイースト)で。
IMG_8957 (2)_H
とうきびペーストでこねた生地は甘味もあり、ふっかふか♡
中にはとうきびぎっしり!ボロボロ、甘うまー♡

レシピ↓あるので、旬の甘ーい北海道生とうきびで、ご賞味あれ~!

■びえいのコーンぱん(とかち野酵母)■■■
Φ7㎝×H3㎝マフィン型8個分。
IMG_8905_H.jpg
■下ごしらえ
とうきびの実           250% 400g(約2本分)
茹でて、包丁で実を削ぎ、下記A.B.Cに分けておく。
IMG_9034_H.jpg
■材料(粉量160g)
北海道産はるゆたか強力粉 100% 160g
☆A.ペースト用とうきび 80% 128g
☆北海道産生クリーム          20%  32g
☆卵(卵黄1ケ+卵白) 15%  24g
よつ葉無塩バター 10% 16g
とかち野ドライ酵母(ドライイーストも可)2% 3.2g
宗谷の塩 1.5% 2.4g
B.混ぜとうきび  35% 56g

■フィリング
C.包みとうきび  135% 合計216g(27g/1個)
包み有塩バター 合計8g (1g/1個)
照り出し(卵液+水) 適宜

①☆のA.ペースト用とうきび、生クリーム、卵を合わせて
念入りにフープロにかけて、出来るだけなめらかなペースト(ポタージュ状)にする。

IMG_9037_H.jpg
②B.C.は、1粒ずつにバラして、キッチンペーパーで挟んで水気を切る。
IMG_8908 (2)_H
③強力粉、②のとうきびペースト、ドライとかち野酵母を合わせて捏ね始める。
IMG_8909_H.jpg
④しっかり捏ねグルテン出たら塩を加え、9割捏ね上がったら、
無塩バターを入れ捏ねる。
伸ばすと薄く指が透ける位までしっかり捏ね上げる。
IMG_8911_H.jpg
⑤最後にB.混ぜとうもろこしを満遍なく混ぜ込んで丸めておく。
IMG_8912_H.jpg
⑥1次発酵=30℃程度の暖かい所で、体積2倍まで。
IMG_8914_H.jpg
⑦分割 8個に分割、丸め直す。
⑧ベンチ 15分。
マフィン型にショートニング(分量外)を塗っておく。
IMG_8921_H.jpg
⑨成型
叩いてガスを抜きながら、生地を丸く伸ばす。
(真ん中高め、フチ薄めに伸ばすとキレイに包める)
包み有塩バター1個分と
IMG_8922_H.jpg
C.包みとうもろこし1個分を包む。
IMG_8928_H.jpg
⑩空気を入れ過ぎないよう、あんべらでしっかりまとめながら包んで
とじ目をしっかりとじる。綺麗に丸くする。
IMG_8930_H.jpg
⑪とじ目下にして、マフィン型に詰めて、上部を平らに均す。
2次発酵=約30℃で2倍弱まで。
IMG_8933_H.jpg
⑫焼成=照り出しをハケで塗り、180~190℃に予熱したオ—ブンで14~17分。
焼色薄くつくかつかないかで、焼き上がり。

缶詰コーンでも同じく出来るとは思いますが
出来れば旬の甘ーい北海道とうきびで是非♡

*****

だけどね。

北海道では、とうきびは湯を沸かしてからもげ、とか
畑で茹でろ、と言われる位鮮度が重要、
鮮度=甘さ、なのです。

八百屋では「今朝採れ」が並び
「この昨日の朝採れは(ディスカウント品)は
今日夕方には味無くなるから投げるべや(北海道弁で捨てる)」
と店主は事も無げ。

衝撃。
私が東京のスーパーで買ってたのは
北海道ではとっくに投げてるやつだった笑。

確かに北海道では、皮は青々として、ヒゲも金茶色
剥けば、手が湿るほどジューシィ。

東京では皮は黄色っぽくなり、ヒゲは真っ黒、
皮はカッサカサでした。

とうきびなんて興味なかったのに
今や冬のコーンポタージュのために
盛りに大量購入して冷凍しとく始末。

だからね。本当は北海道に来て食べて欲しい!
外国人ばっかり来るけど
日本人にこそ、北海道のとびっきりの旬を体感して欲しいのです♡




ポチっとして頂けると、もっと北海道が好きになりますっ
にほんブログ村 料理ブログ パン作りへ

パンだらけのinstagramもどうぞ♡
関連記事

コメント

非公開コメント

プロフィール

じゅん。

Author:じゅん。
2015年4月東京は四谷から、北海道は札幌に夫婦で移住。

エゾリスやシマリスや野鳥、北海道の四季を撮影しながら、自家製天然酵母パンを、道産食材で手ごねで焼いてます。

北海道あるある!にニヤリとしちゃう新鮮な毎日を記録中。ある意味海外だわー。

*****

シャチョの闘病で2018年前半お休みしてましたが、ぼちぼち再開です。
なんもなんも~と笑える日々を綴れたらいいな。





ポチっとして頂けると、
もっと北海道が好きになりますっ

にほんブログ村 料理ブログ パン作りへ



パンだらけのinstagramはこちら♡

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

送信の際は、お手数ですがコメント欄にメール送信の旨一言頂けると幸いです。